天然染料による手染め、
自然のモチーフを描いて、
豊かさを研究しています。

颯爽と流れる社会の中で、
私たちは生きている。
立ち止まる事を拒んでは、
きっと

この時代が望んでる
‘理想’から取り残されていく。
ふと、立ち止まり、
呼吸を整える

流れる水の音、朝方の空気、
何重にも重なる夕焼けのレイヤー
生きるとは、
本当の豊かさとは、一体何か?

今日もまた答えがわかんないまま、
過ぎていく。

Söderhäst


Söderhäst(ソーダへスト)とは
スウェーデン語で
söderが(南)、hästが(馬)。
つまりは作者の名前を
北欧の言葉に置き換えたもの。

スウェーデンでは、
Dalahäst(ダーラヘスト)
という
“幸せを運ぶ馬”と
呼ばれる木馬の置物が
各ご家庭に置かれており、
親しまれています。

馬は人に優しく
賢くて力強い生き物として
大切にされてきたそうで、
そんな人間になりたいので、
Söderhästと
名前を付けました。