ふと想うコト Archives

秋の楽しみ

2017年10月3日Leave a comment

こんにちは、絵理です。
この間、山登りをしてきました!
人生初の山登りです。

奈良にある「二上山」という山。
ザ・山!といった感じで
遠くから見ると大きなお山が二つ並んでいます。

山の中に入ることって、そうそうないけど
すーっと伸びた背の高い大きな木に、自然の偉大さを感じました。
カマキリも、赤い実も、きれいな川も、どんぐりも、
葉っぱの形も、木の間から差し込む太陽の光も、、、
どれも心を浄化させてくれるものばかりでした。

ちびっこちゃん二人と、そのお母さん二人と
登ってきたのですが、
「抱っこは禁止!」というルールがありました。
二人とも、最後まで自分の足で、頑張って
弱音は吐くけどお母さんの「がんばろう!」で
無事、下山できました。

母と子、親子の力はすごい!
たくさん吸収したので、これからのアウトプットも楽しみです◎
山登り、ハマっちゃいそうです。

絵理

Tags: , ,

映画

2017年8月25日Leave a comment

こんばんは、絵理です。

 

私たちの趣味の一つで映画鑑賞があります。

去年の夏頃から 大阪にある

第七藝術劇場」によく通うようになりました。

大阪・十三駅から歩いて10分くらいの所にある映画館です。

ここでやっている映画は

心にグッとくるものばっかり。

少し前になりますが「人生フルーツ」を見ました。

夫婦の形、暮らしの形、ごはんのこと、命のこと。

1本の映画でたくさんのことを勉強させていただきました。

食べ物に感謝をして、一緒に歩んできた人たちに感謝をして

ありがとうの気持ちを忘れずに生きたいな。

 

「家は暮らしの宝石箱でなくてはいけない」

家って一番落ち着く場所だと思うんです。

家への帰り道、「あ、もうすぐで着くな」という時間から

私の心は解け始めます。

これからどんどん変わる、加わる私たちの暮らしの形。

いろんな方とお会いして、勉強して、経験して、笑って

たっぷりたっぷり育てていきたいな。

絵理

Tags: , , , , , , , ,

Söderhästのこと

2017年8月22日Leave a comment

こんにちは、絵理です。

昔からブログを読んで下さっている方も、

そうでない方にも、私たちの活動をもう一度紹介させてください。

「Söderhäst」(ソーダへスト)という名前で活動している私たち。

ソーダへストってなんぞや??

Söderhäst(ソーダへスト)とはスウェーデン語で

söderが(南)、hästが(馬)。

つまりは作者の名前を北欧の言葉に置き換えたもの。

スウェーデンでは、

Dalahäst(ダーラヘスト)という

“幸せを運ぶ馬”と呼ばれる木馬の置物が

各家庭に置かれており、親しまれています。

そんな馬のように、私たちも幸せを「テキスタイル」で運びたい。

こんな思いから名前をつけました。

 

今は奈良で夫・久志が柄を描き

私・絵理が生地を形にしている二人三脚。

2人の力って1人よりは強く、大きくなるけど

やっぱり関わってくださる方は多いほうがいいわけで。

これからは色んな分野のプロフェッショナルと

ものづくりをしたいねえ。なんて話も出ています。

かばんにレザーを加えてみたり?

取っ手を木製にしてみたり?

私のお洋服作りも始動しますよ!!

 

一歩ずつ、ゆっくりだけど、進んでいこう。

Söderhästの今後もおたのしみに!

絵理

 

 

 

Tags: , , , ,

伊豆巡礼の旅 pt.2

2017年8月4日Leave a comment

伊豆巡礼の旅、
おはようございます。
スーパーでサラダと納豆を食べて
普段と変わらない食事を旅先で摂取してます。
ひさしです。

二日目、静岡県沼津市にやってきています。
この土地の情報を集めるために
沼津市役所にお邪魔をすることにしました。

友人のおかげで
情報通の方々と繋がる機会をいただけて、
素敵な方との繋がりができる。いい予感が。。。

嫁と僕の理想は、
庭付きで、海が近くて、
染織ができる一戸建て。

理想が高くて
びっくりさせてしまうかも知れません。笑

住みたい場所以外に、
今まで都会に近くて便利な街に住んでいましたが。
田舎暮らし、はじめての土地。
不安材料がたくさん。笑
だけど全てを判断して
夢に近づく事が大切だと思います。

そのために情報を集めるというのは
非常に大切ですね。

たくさんの協力のもと、
前に進めてることを
感じて、2日目も楽しんで行きます!

keep in touch!!

Tags: , , , , , ,

カンボジアとタイに行ってきます。

2017年2月7日Leave a comment

いつもありがとうございます。
さて表題の通り、カンボジアとタイに行ってきます。
目的はもちろん、染織・テキスタイルです。
また色々とブログでも綴ろうと思いますが、
行く先は、本当に染織・テキスタイルが、
この時代に忘れかけたコトや、
利害や経済活動とか枠を超えた何かを、
取り戻せる瞬間に会えるような、
そんな気がしています。
また土産話聞いてください。

ミライを生きる君に。

2016年10月20日Leave a comment

小さき者よ。これから先、ミライがどのように待っているか愉しみで仕方がない。きっと大切に育てられて立派に育ってゆくのでしょう。これから自分の足で立って、一歩踏み出せばワクワクの世界が待ってる。好奇心はきっと自然界にも目を向けるでしょう。雨、風、土、木々、海、山、なんだって瞳に映るのは、全部が自然の恵みなんだ。だけど年々自然の力が弱くなっているのを知っているかい?それは人が循環の輪からはみ出して暮らしているからだ。見えぬものを見なくなってしまったからだ。自然と人のつながりを正すという大きな宿題を僕たちは抱えてるんだ。だから向き合わなくちゃいけない。共存・共生という原点回帰を目指すことこそ自然界に力を取り戻すことができて、ミライを生きる君に少しでも綺麗な空気や元気な土を渡せる事ができる。小さき者のミライが住みやすい地球でありますように。

Tags: , , , , , , ,

オモウコト

2016年5月29日Leave a comment

ちょっとずつ染料畑になってきた。

少しの夏野菜と藍と茜と日本むらさきの畑。

この3月頃から種を蒔いてから、

畝造り、草刈り、定植、水遣りなどして

少しづつ大きくなってきた。

毎年のことながら嬉しい。

 

楽しいから苦じゃないけど

結構大変なことをやっている。

その分、染めるのが楽しみになる。

 

全て当たり前のように揃う世の中は

割と贅沢なんだろうな。

自分もその中で生活するひとり。

戦後の日本だということも時々忘れてしまいそう。

藍との繋がりは、便利な世の中で忘れがちな大切なことを教えてくれる。

正解はないけど、この方向で間違ってないな。

自分の生き方や作品を磨こうと思う。

Tags: , , , , , , ,

向き合い方

2016年5月1日Leave a comment

おはようございます。作者です。

いかがお過ごしでしょうか。

 

いつもご閲覧をいただきありがとうございます。

個展に向けて、少しずつ布を染めて行っています。

 

天気が良い日は、柿渋を発色させる絶好の日和となり、

ありがたい想いが溢れてきます。

 

先日、試し染めをしたテキスタイルは優しい色合いで上がってくれました。

少しだけ薄く上がりましたが、

染め上がった布をずっと眺めています。

 

天然染色はレシピ通りに一定には染まりません。

これは、植物に含む色素の含有量だったり、

生地の素材、厚みにも関係してきます。

 

ただし、しっかりと天然染めで一定した

お色を出される方もいらっしゃいます。

 

「天然染め=色が一定しない」にはならないことだけ

知っていただけたら幸いです。

 

現代の生産方式に逆行するように、

とっても長い時間を費やしながら

お色をいただきます。

 

私も全てをほっぽり出して染めていいよと、

許可をいただければ、一色を染めたいものです。笑

 

長い月日ずっと向き合うことは想像以上に大変なんだろうなぁと、思います。

何か墓穴を掘った今回の活動報告ですが、

söderhäst のテキスタイルは、

少しでも抗いながら自然と人に優しいテキスタイルを

お届けできればと思います。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

引き続き個展に向けて頑張りたいと思います。

Tags: , , , , , , , ,

2016 start

2016年1月29日Leave a comment

おはようございます。
もう2016年になってから30日経とうとしているんですね。
早いですね。

さて2016年は自分にとって、目標を持って行動をする年になりそうです。
昨年から始めた手づくり市へ出店して、たくさんの人にお会いして、
素敵な時間を過ごさせていただきました。
冬から参加したけど、出店者の方々やご来場者さんは暖かい人ばかりで、
制作を頑張ろうと言う気持ちがいっぱいです。

新しい柄も、ゆっくりですが、少しずつ描いています。
またお披露目ができるよう、頑張ります。

どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

そう、そして天まで飛ばそう

2015年5月24日Leave a comment

日本茜の根っ子を大きくするには
天にむかって蔓を伸ばす必要があると色々と調べてわかった。

天にむかってと言えば、「そして天まで飛ばそう」のフレーズでおなじみのブッダブランドのDLさんが亡くなられた。
日本のHIPHOPシーンに大きく影響を与えた人物である。

高校生の時は友達にブッダブランドを借りてどっぷりはまってしまった口である。
こんな音楽があるのか!と日本語はこんなに格好いいんだ!!と
思わせてくれたグループの一人である。

表現の自由、オリジナリティ、ルールの中でどれだけ遊べるか。
を教えてくれたのはまさにBUDDA BLANDなのである。

こうやって自分の好きな事を見つけて、
進んでいるのも、あなたのおかげです!DLさん!

R.I.P!!

次ページへ »