header("Content-Type: application/json; charset=utf-8");

柿渋プリント Archives

本物の色『染色工房物語』第5話  「土に還る」を第一条件

2017年1月19日Leave a comment

奈良でテキスタイルデザインを行なっています。
Söderhäst です。

草や木から色をいただく、天然染料染めを行うための
工房を今回ビニールハウス式にて立てて、
畑で育てた藍や柿渋で布を染める『染色工房物語』はじまります。

現在、工房を絶賛準備中。第5話は「土に還る」を大条件。
これからの時代は、というか何ピャク年前は当たり前だった事だけど、
人のことだけを考える時代ではないね。ちょっとそこは大事やね!

Tags: , , , , , ,

向き合い方

2016年5月1日Leave a comment

おはようございます。作者です。

いかがお過ごしでしょうか。

 

いつもご閲覧をいただきありがとうございます。

個展に向けて、少しずつ布を染めて行っています。

 

天気が良い日は、柿渋を発色させる絶好の日和となり、

ありがたい想いが溢れてきます。

 

先日、試し染めをしたテキスタイルは優しい色合いで上がってくれました。

少しだけ薄く上がりましたが、

染め上がった布をずっと眺めています。

 

天然染色はレシピ通りに一定には染まりません。

これは、植物に含む色素の含有量だったり、

生地の素材、厚みにも関係してきます。

 

ただし、しっかりと天然染めで一定した

お色を出される方もいらっしゃいます。

 

「天然染め=色が一定しない」にはならないことだけ

知っていただけたら幸いです。

 

現代の生産方式に逆行するように、

とっても長い時間を費やしながら

お色をいただきます。

 

私も全てをほっぽり出して染めていいよと、

許可をいただければ、一色を染めたいものです。笑

 

長い月日ずっと向き合うことは想像以上に大変なんだろうなぁと、思います。

何か墓穴を掘った今回の活動報告ですが、

söderhäst のテキスタイルは、

少しでも抗いながら自然と人に優しいテキスタイルを

お届けできればと思います。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

引き続き個展に向けて頑張りたいと思います。

Tags: , , , , , , , ,

「自然と人にやさしい」柿渋染めのテキスタイルプリント発表

2016年4月19日Leave a comment

こんにちは。
söderhäst Hisashi Nambaです。
ホームページに遊びに来てくれてありがとうございます。
いろいろと準備をしてきた事がようやく
お知らせできるタイミングになりました。

「自然と人にやさしい」柿渋染めのテキスタイルプリント」
2016年4月20日pm12:00プロジェクト開始。

偉大な先人たちが残した日本の伝統技法「柿渋染め」からヒントを得て
独自の技法と、作者の描く絵の組み合わせから生まれる
使い手にとっての心地よさや環境への配慮をされたテキスタイルで、
自然と人のお役にたてればと思います。

より詳しい内容は、
プロジェクトを発表するページにてご覧ください。

MAKUAKE プロジェクトページはこちら

皆様のご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

Tags: , , , , , , , , ,