header("Content-Type: application/json; charset=utf-8");

凸版印刷の名刺を刷ります。

2016年10月8日

どちらかというとアナログな手法を好む趣向がある分、レトロなものだったり、現代の生産方式にはそぐわない手間暇がかかったものだったり、完璧に同じものが出来ないものだったり、人の温かみが伝わるものに魅力を感じる作者です。個展で使う名刺を自分で刷れたらいいなぁと、いうことで活版印刷に挑戦する事にしました。活版印刷と言っても、いろいろ定義があるようですが、今回挑戦するのは凸版印刷という方法みたいで、表面に凹凸のある版の山(凸)部分にインキを乗せて紙に転写する印刷方式。版の山(凸)部分にインキを乗せて圧力をかけて紙に転写するため、力強い輪郭のシャープな文字を印刷することが可能です。その反面、紙に直接圧力がかかるため、紙にシワが寄ったり、印刷面にへこみが付くことがあります。乞うご期待。さて個展の準備もいよいよ大詰め。周りの人たちに助けれられて、有難いことにここまでこれた。。。だけども、限られた時間を大切にしようと意識が、タイムリミットに近付くと、より強くなってくる。でも近づくに連れて感じるなんて、まだまだだなぁ。。。

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。